使用可能な言語
English - 中文 - 日本語 - Bahasa Indonesia
V
ビデオ » ミスタードーナツは、ジャカルタ中心部にロール
2015年10月29日

[ジャカルタ]ミスタードーナツはこの間、ジャカルタでモールFXスディルマン(Sudirman)、第二の位置を開通した。IDNFinancialsは最新の位置で『日本一のドーナツ』がどんな誇大広告なものかを見に行った。


ミスタードーナツのマーケティングエグゼクティブ、Haidar Asshidiqie氏は、同社は、日本から来ても、これらのドーナツは、インドネシアの消費者に対して合わせるため、様々な形状や味やテクスチャーで作られていると述べた。


ミスタードーナツは、北ジャカルタでインドネシアのモールで今年の5月に、最初のドーナツカフェを開通した。FXの位置は、最初の首都の中心部で、ジャカルタで第二のアウトレットであり、来月、ジャカルタのSCBDエリアでPacific Placeモール、第三ののアウトレットのため、開通する計画である。


インドネシア市場の新参者として、ミスタードーナツは、Salim GroupのIndomaret会社、PT Indomarco Prismata、および唯一のフランチャイズホルダーに支えられている。


Salim Groupはドーナツカフェ市場に拡張するのはミスタードーナツは、 初めて製品を食べてみたモールの来場者に、好評を博しているように見える。


テイスターは、ドーナツのソフトなテクスチャー、トレンディな外観、および洗練する味に関して、一般的な意見を共有した。


ミスタードーナツは、研究開発のヘッド、Tegar Feriantoro氏が独自のドーナツデザイナーを持っている。


「ミスタードーナツインドネシアは、我々は季節の戦略を持っている」と店の最新ハロウィーン装飾されたドーナツの選択をショーケースするとき、彼は述べた。ドーナツの外観は、季節に合わせるだけでなく、季節の味およびフィリングと一対になる。それはドーナツにカボチャのクリームを見つけることは珍しいだが、ミスタードーナツの料理の工夫は、『思わず手を伸ばす』という状況になってしまう。(NR/CH)