使用できる言語
English - 中文 - 日本語 - Bahasa Indonesia
N

IntilandはRp 2 trillionの資本支出を割り当てる

2018年2月23日 03時35分  会社: PT. Intiland Development Tbk[DILD]
Rp. 300  -2 (-0.66%)

【ジャカルタ】PT Intiland Development Tbk (DILD)は2018年、幾つかのプロジェクト建設を継続する為、Rp 2 trillionの資本支出を準備中である。今年のプロジェクトはプラクシス(Praxis)、スパジオタワー(Spazio Tower)、グラハゴルフスラバヤ(Graha Golf Surabaya)である。

「資本支出額は昨年と比べ、あまり変わりません。」とKontanから引用され、DILDの資本・投資管理、Archied Noto Pradono氏は述べている。

資本支出はまた、ジャカルタのサムリン、フィフティ・セブン・プロムナードにある用途混合・高層プロジェクトに投資し始める為、使用される予定である。そのプロジェクトは2017年に立ち上げられ、2022年に完成する予定である。彼は資本支出は内部現金と撤回されていない銀行借入金によるものである。2017年、80%のRp 2 trillionの総資本支出を吸収した。

今年、多くの政治的議題にもかかわらず、彼は不動産部門の業績に関して楽観的である。「市場は統合の条件になってきていると考えております。」と述べている。

また、マーケティングセールスの総売上高はRp 3.3 trillionを目指している。「この目標は用途混合・高層、借り家、工業地域である全てのセグメントから得られると思っております。」と説明した。

用途混合・高層部門は総マーケティングセールスの最大貢献者となり、75.7%である。住宅開発部門は18.3%の総マーケティングセールスを占めると見込まれている。一方、残りは工業団地開発によるものである。 (NR/LK/HR)

R
関連ニュース
PT. Intiland Development Tbk [DILD]   Rp. 300   -2 (-0.66%)