使用できる言語
English - 中文 - 日本語 - Bahasa Indonesia
N

中国はインドネシアの輸出品にUS$ 10.42 billionを貢献

2019年4月15日 02時41分  会社: []
Rp. 0  0 (0%)

【ジャカルタ】2019年4月15日(月)にリリースされた中央統計局(BPS)のインドネシアの輸入出に関する報告書によれば、中国は2019年3月、インドネシアへの大手輸出者である。

2019年1月〜3月、大手非石油・ガスによるトップ3輸入国はUS$ 100.42 billionの中国、US$ 3.97 billionの日本、US$ 2.42 billionのタイ王国であり、中国は29.01%を貢献した大手輸入国になっている。一方、中国へのインドネシアの貿易収支はUS$ 5.18 billionに達した。

「石油・ガスの大手輸入国は中国であり、日本やタイ王国が続いております。」と中央統計局長、Suhariyanto氏は述べている。

2018年1月〜3月に比べ、13主国々の輸入は5.5%低下した。それらはUS$ 682.4 millionのシンガポール、US$ 361.1 millionの日本およびUS$ 183.2 millionの米国が貢献された。

2019年1月〜3月、総非石油・ガスに関して、アセアン国々は19.21%の大手貢献者であり、8.37%の欧州連合国々が続いている。 (NR/AM/MS)

 

E
人気ニュース
データは見つかりませんでした