【ジャカルタ】PT Pertamina (Persero)の子会社、PT Pertamina Trans Kontinentalは2019年の収入を伸ばす為、追加船隊を購入した。

Pertaminaの企業通信副社長、Fajriyah Usman氏が当社が受けたその追加船隊は二元燃料(HSDとLNG)により港タグ5000 PS型であったと語った。「その二重モード燃料は環境グリーンという政府のプログラムを支援し、運営上コスト効率の為です。」とUsman氏は説明した。

Pertaminaとの締結契約通り、その船舶は約18ヶ月以内にバタムでPT Dok Warisan Pertamaが造られた。譲り渡した後、PertaminaはPT Perta Arun Gasを仕える為、その新しい船舶を使用する。(NR/KR/AR)