【ジャカルタ】衆議院の予算官庁および政府はRp 419.2 trillionのインフラ発展予算に合意した。それはRp 399.7 trillionの2019年の実現よりも4.9%高い。

その予算は2020年国家予算において政府の提案から変わっていない。

財務省の予算長官、Askolani氏がその殆どのRp 405.1 trillionの予算は経済インフラの為、使途され、Rp 384.8 trillionの今年の割当より、高いと説明した。

「この発達は両方の省庁や機関(K/L)、DAK(特別割当資金)や村費や融資、国家資本参加(PMN)を通し、地方政府、確かに大規模に行われます。インフラ融資の組合せは全ての長期や短期の開発ニーズをカバー出来るよう、期待されます。」と2019年9月10日(火)、Askolani氏は述べた。 (NR/AM/AR)