【ジャカルタ】国連開発計画(UNDP)はインドネシアの社会起業家を後押する為、インドネシアの「ImpactAim」を打上げる為、ベンチャーキャピタル企業やアクセル500新興企業との連携を発表した。

DealStreet Asiaが報告されたように、そのプログラムは国連持続可能な開発目標(SDGs)によって、8〜10新興企業を選び、その企業は着手資金を調達し始める。選ばれた新興企業はグローバル投資家に事業を発表出来、ジャカルタで10週間以内に参加する。

UNDPのインドネシアの居住代表、Christophe Bauet氏によると、ImpactAimは特に、インドネシアの不利な地域、小さな企業の為、方法を舗装出来るよう、期待される。「我々は社会の生活を向上する為、実際の影響を作り出します。」と2019年9月13日(金)、Bauet氏は正式な声明に述べた。 (NR/MS)