【ジャカルタ】Grabは配達サービスを通し、アルコール飲料を販売する為、Heinekenとの戦略連携に締結した。

Grabの最高経営責任者(CEO)、Anthony Tan氏がその連携は東南アジアにおけるHeinekenの公式商人を利得にすると語った。「我々はこれが顧客範囲を届くより多くの契機を開く為、商人に活力を与えると考えております。両方のHEINEKENおよびGrabは地域にいるより多くの顧客の心をつかませます。」と2019年9月17日(火)、Tan氏はプレスリリースに述べた。

一方、Heinekenアジア−太平洋社長、Dolf van den Brink氏がその連携は酒造場のデジタル変形を補佐すると語った。「当社のデジタル変形に大変関連されるこのイニシアチブは我々にとって、新製品を打上げる革新方法を導入し、顧客に製品を購入する新配給を与えることなど世界中の契機の幕を開きます。」とvan den Brink氏は述べた。

その連携は東南アジアにおけるGrabの顧客がHeinekenの製品を購入出来、Heinekenが開催されるイベントでGrabPayを使用出来る。更に、HeinekenはGrabプラットフォーム上の販売パターンを特定する匿名データを処理出来る。 (NR/KR/MS)