KAYU - PT. Darmi Bersaudara Tbk

Rp 83

+1 (+1,22%)

【ジャカルタ】PT Darmi Bersaudara Tbk (KAYU)が2019年上期、被った後、2019年第3四半期、売上や純利益は積極的に伸びると楽観的である。

KAYUの独立取締役、Lie Kurniawan氏によると、2019年上期、当社の消極的な業績は売上を減らすインドの顧客が引き起こされた。インド市場はRp 10.17 billion、84.82%の総売上を貢献した。

「その要因はインドの冬であり、その2019年総選挙でした。殆どの事業者は抑止します。」と2019年9月16日(月)、Bisnis.comが引用されたように、Kurniawan氏は述べた。

にもかかわらず、当社がインドの総選挙後、インドの事業が安定する為、2019年第3四半期の業績は向上すると確信する。Kurniawan氏が2019年第3四半期の当社の成長は今年頭、Rp 37.62 billion、前年比、70.12%伸びる売上目標、Rp 3.6 billion、前年比、100%伸びる純利益という予測通り進行されると推定する。

「主触媒は選挙後、普通に働き始まっておるインド事業者にあります。斯くて、当社の第3四半期の業績は予測通りです。」とKurniawan氏は述べた。 (NR/MS)