ULSAN-韓国の自動車メーカーヒュンダイモーターカンパニーが西ジャワ州ブカシに生産工場を建設し、2020年の総投資額はUS$ 1.5 billionに達する。

投資に関する了解覚書(MoU)は、火曜日(26/11)に韓国の蔚山にあるヒュンダイ工場で、投資調整委員会(ICB)のヘッドBahlil LahadahliaとヒュンダイのCEO、Lee Woon-heeによって署名された。

「認可プロセスは完了し、最初の段階では2020年1月に工場の稼働を開始します。生産の最初の年に25万台が生産されると予想されています」と内閣に関する公式声明でラハダリア氏は 事務局のウェブサイト述べた。

ラハダリア氏によると、生産量はインドネシアを韓国以外の現代の主要なオフィスの場所にすることです。 現在、韓国外のヒュンダイの主要なオフィスはマレーシアにある。

この覚書調印には、Joko Widodo大統領、Airlangga Hartarto経済担当大臣、Pratikno国務長官、Retno Marsudi外相、Agus Gumiwang Kartasasmita産業相、Agus Suparmanto商務大臣、インドネシアのUmar Hadi駐インドネシア大使も出席した。(MS/PW)