PSSI - PT. Pelita Samudera Shipping Tbk

Rp 141

+2 (+1,44%)

【ジャカルタ】PT Pelita Samudera Shipping Tbk (PSSI)は母船(MV)、浮体積込み設備(FLF)、タグボート・艀(TNB)の賃貸所得が支援され、2019年1月〜10月、US$ 62.7 million、前年比、22%伸びた収入を記録した。

PSSIの会社秘書役、Imelda Agustina Kiagoes氏がその賃貸所得は253%激増したと語った。「最大に増えた賃貸所得は母船(MV)セグメントに発生され、浮体積込み設備(FLF)、タグボート・艀(TNB)が続いております。」と2019年11月28日(金)、idnfinancials.comが受けた公式声明を通し、Kiagoes氏は述べた。

Kiagoes氏が2019年10月まで、タグボート・艀(TNB)事業セグメントは当社の金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)に50%を貢献したと説明した。一方、浮体積込み設備(FLF)事業セグメントは32%を、母船(MV)事業セグメントは18%を貢献した。2019年10月まで、浮体積込み設備(FLF)の長期契約は90%、そのスポットベースは10%に達した。

2019年10月まで、殆ど、船舶拡大の為、US$ 61.3 millionの設備投資のUS$ 45.8 millionを費やした。(NR/KR/AR)