PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 985

-10 (-1,01%)

【ジャカルタ】Pemeringkat Efek Indonesia (Pefindo)は2020年2月24日満期のRp 300 billionのPT Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk (PTPP)の2015年第2相第1発行登録債の「idA+」格付けを肯定した。

Pefindoの公式声明によれば、その債券はRp 1.25 trillionの2019年第2相第2発行登録債による幾つかの資金を使途することにより支払われる。また、2019年9月末まで、その現金及び現金同等物はRp 4.4 trillionを記録された。

「『idA』格付けられた債務証券はインドネシアにおける他の債務者に比べ、長期財務コミットメントを満たす債務者の強力な能力を示しております。」とPefindoのアナリスト、Martin Pandiangan氏は説明した。

2019年第3四半期、その総資産額はRp54.47 trillionを記録された。その金利、税金および減価償却前利益はRp 2.04 trillionを、その債務金利、税金および減価償却前利益比率は12.6倍を記録された。 (NR/KR/AR)