【ジャカルタ】インドネシア預金保険機構(LPS)は2019年10月、Rp 6,003 trillionの顧客預金を記録し、Rp 5,646 trillionの2018年10月に比べ、増加した。それはRp 268.69 millionの2018年10月に比べ、2019年10月、Rp 297.28 millionに増加した顧客口座が続いている。

LPS商業銀行のデータ報告や流通によれば、商業銀行における顧客預金の最大の構成はRp 2,618 trillionの定期預金、その口座数は4,794,888であった。続いて、貯蓄はRp 1,844 trillion、その口座数は288,862,166、当座預金はRp 1,430 trillion、その口座数は3,622,497、通知預金はRp 94,886 trillion、その口座数は5,718、譲渡性預金はRp 16,745 trillion、その口座数は284を記録された。

預金の所有者面において、第三者資金はRp 5,892 trillion、98.14%の総預金を記録され、他銀行の預金はRp 111,492 trillion、1.86%の総預金を記録され、その口座数は254,453であった。 (NR/LK)