ジャカルタ-東南アジア有数の中古車取引プラットフォームであるCarsomeは本日、シリーズCの資金調達にUS$ 50 millionの資金を投入したと発表しました。

新しい資金調達は、自動車ローン、ディーラーファイナンス、保証、保険などの付加価値サービスの範囲を提供する戦略的パートナーシップを通じて、自動化された取引エコシステムにおける地域市場のリーダーシップを強化する。

この資金により、MUFGイノベーションパートナー(MUIP)、ダイワPIパートナー、エンデバーカタリスト、オンディインキャピタルなどの新しい投資家が集まりました。 CarsomeのシリーズCの資金調達には、Gobi PartnersやConvergence Venturesなどの既存の投資家や、他の名前のない新しい投資家も参加した。

「私たちはこのシリーズCの資金調達におけるグローバル投資家のサポートに非常に満足し、強いられています。彼らは、品質保証と取引のより良い使用の新しい基準を設定し、支持することにより、東南アジアの中古車産業に革命を起こすという私たちと同じビジョンを持っています。データ」と語った。

2018年3月、カーサムは、ゴビパートナーズ、コンバージェンスベンチャーズ、インドゲンキャピタル、イノベンキャピタル、ルミアキャピタルとともに、ブルダプリンシパルインベストメントが主導する、US$ 19 million相当のシリーズBの資金を獲得しました。その後、2018年8月に、東京に拠点を置くZIGExN Co. Ltd.の創設者であるJoe Hiraoの家族オフィスが率いるUS$ 8 millionの資金調達に続いて、資金調達が行われました。 (LM / PW)