PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 1.020

+65 (+6,81%)

ジャカルタ。 PT Pembangunan Perumahan(Persero)Tbk(PTPP)は、不動産および建物の建設に従事する国営企業であり、2020年にRp 6.55 trillionの資本支出(CapEx)予算を準備します。

PTPPの財務責任者であるAgus Purbianto氏は、予算の30.37%が不動産事業に使われると語った。 43.3%はインフラ事業に、17.14%はエネルギー事業に、7.08%は建設機械事業に使用されます。

パービアント氏によると、設備投資の資金源はローンと同社の株式であるという。 「70%のローンと30%の資本の構成で、」昨日木曜日(19/12)にコンタンによって報告されたようにプルビアントは説明した。

PTPPは、2020年も有料道路と港の売却を継続する予定です。現在、PTPPは、メダン-クアラナム-テビンティンギ有料道路の15%の所有権、パンダン-マラン有料道路の35%の所有権、およびクアラの25%の所有権を保有しています。 タンジュン港。 (KR / AR / PW)