【ジャカルタ】投資調整役会(BKPM)の会長、Bahlil Lahadalia氏がナトゥナの緊張にもかかわらず、インドネシアへの中国投資は伸び続けると楽観的であったと語った。

本日(2020年1月9日)、ジャカルタの中国事業フォーラム会合における、Lahadalia氏がインドネシアで事業を営んでいる中国の投資家はインドネシアの資本市場に入ると語った。「インドネシアのPRC companiesの上場によって、インドネシアとPRCの間の関係は良くなっていくと見せます。」と述べた。

過去5年間(2014年〜2019年第3四半期)、インドネシアにおける中国投資はシンガポールや日本の後、最大3位であった。 その投資実現はUS$ 13.1 billionに達した。

BKPMは認可の問題は現在、インドネシアに投資する中国の投資家を妨害する障害であると記録する。したがって、Lahadalia氏が現在、BKPMはその認可の問題を解決するよう、ジョコ・ウィドド大統領に要求したと認めた。 (NR/KR/AR)