【ジャカルタ】インドネシア政府は「B30」政策が貿易収支赤字を削減出来、輸出を伸ばすと主張した。

調整経済省のマクロ経済・金融調整次官、Iskandar Simorangkir氏は2018年、開始された「B20」プログラムは成功した為、これに関して、楽観的である。「今年、『B30』に変わり、粗パームオイル輸出価格は増えており、石油やガス輸入は特に、ディーゼル燃料、低下しております。」と本日(2020年1月14日)、Kontanが引用されたように、Simorangkir氏は述べた。

2019年1月〜11月、石油・ガスセクターによる貿易収支赤字はUS$ 8.31 billionに達した。内閣はその赤字がUS$ 12.38 billionの2018年に比べ、向上したと考慮する。

にもかかわらず、Simorangkir氏がグローバル市場における粗パームオイル価格は2018年以降、低迷していると認めた。しかし、粗パームオイル価格は今年、回復出来ると楽観的である。 (NR/KR/AR)