ASII - PT. Astra International Tbk

Rp 5.150

+75 (+1,48%)

【ジャカルタ】インドネシアの大手オンライン運輸サービス提供業者、Grabは近い将来、電動車輛の車隊を提供する為、Hyundaiとの協調協定に締結した。

Grab Indonesiaの社長、Ridzki Kramadibrata氏がその協調はインドネシアでソフトバンクのUS$ 2 billionの投資額の実現であったと語った。「この電動車輛の生態系の発展は政府や事業界からの好対応によりうまく行っております。」とKramadibrata氏はidnfinancials.comに述べた。

Hyundaiだけでなく、その電動車輛の発展において、AstraグループやHonda MotorやGesitsとも協調している。

Grabはその電動車輛の発展は大気汚染を削減すると主張する。更に、その輸送費はより安くなれるよう、期待される。

以前、非化石燃料車隊の拡大はPT Blue Bird Tbk (BIRD)が行われた。にもかかわらず、Grabはオンライン運輸向けの電動車輛を提供することに東南アジア市場を支配出来ると楽観的に留まる。 (NR/KR/AR)