PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 985

-10 (-1,01%)

【ジャカルタ】PT PP (Persero) Tbk (PTPP)はRp 11.56 trillionの製錬工アルミナ品位精製所プロジェクトを発展する為、China Aluminum International Engineering Corp Ltd (Chalieco)と連携している。

その契約はエンジニアリング・調達・建設部長、Nurlistyo Hadiと一緒、PTPPの第3最高執行責任者(COO)、Abdul Haris Tatang氏が2020年1月11日、北京におけるインドネシア大使館で締結された。

「その製錬工プロジェクトの発展において、当社はそのプロジェクト完成に関する責任を取る請負人として関わるChaliecoと連携しております。」と2020年1月17日(金)、Tatang氏は公式声明に述べた。

1 million TPAの容量を持っているその製錬工はPT Inalum (Persero)とPT Aneka Tambang (Persero) Tbk (ANTM)の間の合弁会社であるPT Borneo Alumina Indonesia (BAI)が所有される。PTPPとChaliecoは31ヶ月間以内にそのプロジェクトを完成する予定である。そのプロジェクトは西カリマンタンのメンパワリージェンシーのブキット・バトゥ村、スンガイ・クニィットに位置する。 

その製錬工は輸入原料に依存するインドネシアを削減し、国内鉱業製品価値を伸ばせるよう、期待される。 (NR/AM/MS)