ジャカルタ-中国とのインドネシアの経済協力は、ナトゥナ海域のインドネシアの排他的経済水域に中国の船が侵入した後でも、おそらく強化されると、前駐米大使とディノパティジャラル副大臣は述べています。

ジャチャル博士は、インドネシアと中国の関係における新ダイナミクスの出現というタイトルの作品で、これは部分的にはジョコ“ジョコウィ”ウィドド大統領の対外貿易と投資誘致という署名政策によるものであり、インドネシアは中国との貿易目標を1千億ドルとする近い将来、そのような野心的な目標を提示するトレーディングパートナは他にありません。

「インドネシアは、他の国との多くの「パートナーシップ」を発展させてきました。しかし、どのようにラベルを付けても、インドネシアと中国とのパートナーシップはおそらく最も重要です」ジャラル博士は、水曜日(29/1)に公開された作品に書いています。

「ジョコウィ大統領は、インドネシアの経済成長は貿易と投資に大きく依存していることを明らかにし、中国は最大の輸出市場であり、投資資金の大きなプールの源泉としての地位を占めています。」

ジャラル博士によると、中国のインドネシアへの投資は、米国や日本などの他の主要な投資家と比較して、最も急速に成長しています。その結果、インドネシアの国民は中国を「将来」として認識し、必然的にインドネシアとの経済的結びつきが強まっています。

しかし、インドネシアは中国の労働者の流入などの問題で「政治的にも戦略的にも中国に近づきすぎている」という懸念も提起されていると彼は主張する。中国の漁船もインドネシアの海域に入り、中国政府がウイグル人イスラム教徒を処遇したことは、インドネシアが世界最大のイスラム教徒の人口を抱えていることを考えると重要です。

「したがって、彼らは世論よりもはるかに遠くに行くことはできず、中国の政策について慎重にする必要があるという当局者の気持ちがあります」とジャラル博士は言う。 (MS / PW)