【ジョグジャカルタ】輸送大臣、Budi Karya Sumadi氏がクロンプロゴにおけるジョグジャカルタ国際空港(YIA)は2020年3月29日、完全に稼働されると語った。

「3月29日、YIAは完全に稼働され、その時期、乗客動きは大規模となります。それを見込む為、私はDamriバス間隔(待ち時間)30分毎に最適化するよう、陸上運送の事務総長やPT. Damriに要求しております。」と輸送大臣は述べた。

輸送大臣、Sumadi氏が輸送大臣はスレマン市役所やハートノモールというDamriの2バス停のバスのYIA往復の為、Rp 25.000の補給料金を提供していると明らかにした。一方、YIA−マリオボロバスバス停経路にはRp 70.000の表定運賃を適用されている。

PT AP Iの情報によれば、YIAはDamri、SatelQu、空港タクシー、オンラインタクシー、空港から10分以内にアクセス出来るヲジョ駅という最寄りの駅からの列車などの交通機関が支援されている。交通機関の選択肢は空港サービスを使用する乗客にとって容易にさせる。 (NR/LM)