ジャカルタ。経済財政開発研究所(INDEF)は、今年の財政赤字は拡大し、国内総生産(GDP)の2.8%、または486兆ルピアに達すると予測しています。

推定赤字は1.76%またはRp 307.2兆の政府の推定より広いです。

INDEFのエコノミスト、タウヒドアフマドは、2019年に発生した条件は2020年まで続くため、赤字は拡大すると述べた。これらの条件は、2019年10月に2020年の国家予算を決定する際に政府によって予測されなかったと述べた。州の歳入と歳出の目標を設定することに楽観的すぎる。これは明らかに今年の初めの期待に一致しなかった。

タウヒド氏は、実際には毎年8%から9%しか伸びていないにもかかわらず、政府が13%増加すると推定されている税収の仮定を立てるのに楽観的であった例を示しました。同氏はまた、「当時、政府は依然として楽観的であり、世界情勢は依然として楽観的であり、税収はやや不安定で楽観的だった。私の意見では、予測には誤りがあった」と述べた。

今年も2019年の状況が続くと税収に影響が出て不足が拡大する。政府の根幹である税収が見込めず、引き続き支出が出れば、政府は債務を増やす。 (AM / AR / PW)