PTPW - PT. Pratama Widya Tbk

Rp 760

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】建設会社、PT Pratama Widya Tbk. (PTPW)は2020年、重機を購入する為、Rp 40 billionの設備投資を用意した。

Pratama Widyaの取締役、Winatama Kurniawan氏がその設備投資源は株式公開の利益によるものであったと語った。

「今年の設備投資は約Rp 40 billionです。その殆どは重機の為、使途されます。」と2020年2月7日(金)、Winatama氏はジャカルタで述べた。建設会社として、重機は事業を支援する資産の一つである。

Winatama氏は公共に株式をリリースしたばかりであり、Rp.114.16 billionを得た。その株式公開の利益の最低47.15%は新しい装備を購入する為、その27.66%は補修や業務事項の建設の為、使途される。その残りはバタムにおけるオフィスや土地を購入し、関連当事者への債務削減を行い、運転資本の為、使途される。

Pratama Widyaの取締役社長、Andreas W. Kurniawan氏が当社は高架道路や橋やダムやドックなどのインフラプロジェクトを目指し続けると語った。 (NR/AM/AR)