PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 985

-10 (-1,01%)

【ジャカルタ】PT Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk (PTPP)は2019年、Rp 33.5 trillionの新規契約額を得て、インドネシア政府が所有される他の建設企業に比べ、最高であった。

Mirae Asset Sekuritasのアナリスト、Joshua Michael氏は他の国営建設企業が得たその新規契約総額はPTPPに比べ、遠いと語った。例として、PT Waskita Karya (Persero) Tbk (WSKT)はRp 26 trillionの新規契約額を、PT Adhi Karya (Persero) Tbk (ADHI)はRp 14.7 trillionの新規契約額を記録した。

「PTPPは2019年の新規契約の面において、勝利者として出て来ました。しかし、2019年度、新規契約の実現に関する厳しい失望がありました。」とMichael氏は本日(2020年2月12日)の声明に説明した。

Michael氏がその失望は前年比、22.9%低下したPTPPの新規契約額が引き起こされたと語った。

実際に、PT Wijaya Karya (Persero) Tbk (WIKA)はRp.41.1 trillionをより高く記録した。しかし、それはMirae Asset Sekuritasが推定された約67%のみである。一方、PTPPは推定の75%を実現した。 (NR/KR/AR)