TLKM - PT. Telekomunikasi Indonesia (Persero) Tbk

Rp 3.470

-10 (-0,29%)

【ジャカルタ】PT Telekomunikasi Indonesia (Persero) Tbk (TLKM)の子会社、PT Telekomunikasi Selular又はTelkomselは2019年第4四半期、Rp 23.25 trillion、前年比、3%低下した。 

Mandiri Sekuritasのアナリスト、Kresna Hutabarat氏およびHenry Tedja氏がその減少はジャワ以外の高い事業競争が引き起こされたと語った。「携帯電話の通信事業の競争は未だに厳しいが、強化な支出に関して、経営陣は当社の利益性を守ることが出来ます。」と本日(2020年2月14日)、公式声明を通し、彼等は説明した。

Telkomselの利益率は2019年第4四半期、29.2%であった。それは28.1%の2019年第3四半期に比べ、安定した。

SingTelの情報開示において、Telkomselは「by.U」を打上げることによりジャワ以外の競争を直面しようとしている。それに、高級品数の売価を再校正している。

Mandiri Sekuritasがインドネシアのモバイル事業競争は未だにかなり厳しいと予測する。それは小規模オペレーター数は価格競争戦略により営業している。 (NR/KR/AR)