【ジャカルタ】石油・ガスの下流規制機関(BPH Migas)は2019年、404補助燃料の誤用の事件があると記録された。

これはPT Pertamina (Persero)をガソリンスタンドでデジタルノズルを導入するよう、促した。「今、5,518軒の目標の中に約3,700軒〜4,000軒のガソリンスタンドはデジタルノズルをを持っております。」と2020年2月16日(日)、Kontanが引用されたように、Pertaminaの小売マーケティング担当重役、Mas'ud Khamid氏がと語った。

そのデジタル化を通し、Khamid氏がPertaminaは各ガソリンスタンドの燃料分布を監視出来ると確信する。

一方、Pertaminaの専務取締役、Nicke Widyawati氏はそのプログラムに関して衆議院の第4委員会に知らせたと主張した。このプログラムは年末まで、完成される予定である。 (NR/KR/AR)