【ジャカルタ】インドネシア政府が所有されるプランテーション会社、PT Perkebunan Nusantara V (Persero)又はPTPN Vは土地拡大の資金を得る為、株式公開を開催する計画である。

PTPN Vの取締役社長、Jatmiko K Santosa氏がその株式公開は今年下期、開催されると語った。「最初の計画によると、我々は今年第3四半期、株式公開を開催します。」と2020年2月17日(月)、Kontanが報告されたように、Santosa氏は説明した。

その計画によると、公共に約20%株〜30%株をリリースする。その株式公開の間に得られる総資金額はRp 1.5 trillionに達すると推定される。

その経営陣はこれまで、前株式公開やデューデリジェンスを行っている。しかし、リアウの事業を駆動する製品である粗パームオイルの価格の安定性を監視している。今まで、その株式公開の保証人を任命していない。 (NR/KR/AR)