PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 985

-10 (-1,01%)

【ジャカルタ】PT Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk (PTPP)はスカルノ−ハッタ国際空港の第1ターミナル活性化は2020年12月、完成される予定である。現在、その進歩は20%である。

PTPPの監査役会長、Andi Gani Nena Wea氏が当社は予定通り、このプロジェクトを完成出来るよう、期待する。「よって、その結果は全当事者達にとって充実しております。」と2020年2月18日(火)、Nena Wea氏はKontanに述べた。

情報上、スカルノ−ハッタ国際空港の活性化はPT Angkasa Pura II (Persero)に与えられたプロジェクトである。そのプロジェクトの契約額はRp 701 billionに達する。

1985年に運営されて以来、Angkasa Pura IIは第1ターミナルを活性化していない。その活性化後、第1ターミナルの収容やサービスは向上する。 (NR/KR/AR)