【ジャカルタ】インドネシア政府は2020年頭以降、9.69%低下したジャカルタ総合指数(JCI)の業績を回復する役目を果たす必要がある。

Schroders Indonesiaの投資専門家、Rizky Hidayat氏が現在、株式市場は幾つかの好感傷を必要とすると語った。

Hidayat氏がインドネシアの資本市場の株式の値踏みは今回、かなり魅力的であると認めた。しかし、その資本市場は特に、コロナウイルスやJiwasrayaの不祥事などの幾つかの悪感傷により政府の支援を必要とする。

「我々は株式市場が未だに中立だと思っております。」と2020年2月26日(水)、Kontanが引用されたように、Hidayat氏は述べた。 (NR/KR/AR)