【タナトラジャ】ブントゥ・クニック空港発展プロジェクトの第1段階は2020年5月、完成される予定である。それは輸送省、Budi Karya Sumadi氏が2020年2月28日(金)、南スラウェシのタナトラジャのブントゥ・クニック空港を観察するしながら、作業訪問の間に述べられた。

「2020年5月、それは完成され、その第1段階を運用し、その1600メートルの滑走路によって、72名乗客の収容を持っているATR飛行機が陸地されることが出来ます。」と輸送省、Budi氏は説明した。

一方、その発展の次の段階は2000メートルの滑走路の延長を行われ、それは「Boeing 737」などの大型飛行機が陸地出来るよう、2020年10月、完成される。

輸送省はブントゥ・クニック空港の年毎に約500,000人の乗客を、一月当たり3万人〜4万人の平均を目指す。その空港発展はタナトラジャの観光業を進歩出来るよう、その観光目的地へのアクセスをさらなる容易に出来るよう、期待される。以前、陸路を通し、マカッサル市から9時間、又はパロポから3時間であり、その観光建設は完成される場合、トラジャに行きたがっている観光客は45分のみを必要とする。 (NR/LM)