【ジャカルタ】デジタル支払フィンテック、PT Cashlez Worldwide IndonesiaはRp 100 billionの資金を目指すことによって、一株当たりRp 298〜Rp 358で株式公開を行う計画である。

Cashlezの取締役社長、Tee Teddy Setiawan氏が当社は株式公開を通し、追加資本を得る為、Bank Indonesia(BI)の承認を得たと語った。その株式公開に申出される株数は3億株、20.29%の発行・全払込資本に等しい。

更に、当社はPT Softorb Technology Indonesia (STI)の株式を取得し、運転資本の為、その株式公開の資金を使途する。

「Cashlezは裏の後端に注力しております。前進端を持っているSTIが提供される事のように、我々は我々に取引を与えられる前進端を必要とします。」と2020年3月16日(月)、Kontanが報告されたように、Setiawan氏は説明した。 (NR/KR/AR)