ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 167

-2 (-1,20%)

ジャカルタ-PT Acset Indonusa Tbk(ACST)は、運用中にPT Waskita Karya(Persero)Tbk(Waskita)と共同で実施したJakarta-Cikampek II(Japek II)Elevated Toll Projectの建設完了の支払いを受けました協力(KSO)スキームでした。

2020年3月12日、PT Jasamarga Jalanlayang Cikampek(JJC)からKSOが受け取った支払いは、Japek IIプロジェクトの全体的な価値の95%でした。一方、100%の進捗の支払いは、JJCとKSO Waskita-Acsetの間の合意に従って、後の段階でJJCによって実行されます。 KSO部分のシェア、つまり51%Waskitaと49%Acsetに基づくと、Acsetが受け取った支払いは、VATを除いて5.5兆ルピアでした。

Japek IIは、事前融資請負業者(CPF)スキームにおけるAcsetの最大契約額です。 「この支払いを受けることで、将来のJapek IIプロジェクトからAcsetの資金調達コストが削減されます。これにより、Acsetのキャッシュフローと運転資本のパフォーマンスも向上します」と、Jacrey GのAcsetプレジデントディレクターは述べています。

全長38キロメートルのジャペックII有料道路は、インドネシアで最も長い高架有料道路として知られています。この有料道路は、インドネシアで最も混雑している有料道路として知られている、ジャカルタ-チカンペックI(既存)有料道路に見られる混雑問題を克服することを目的としています。 Japek II Toll Roadは、インドネシアのインフラ開発プログラムの促進における政府と民間セクター間の具体的な協力形態であると同時に、Acsetの名高いプロジェクトの1つです。 (LM / PW)