ジャカルタ-POSサービスプロバイダーのCashlezは、4月に予定されている新規株式公開(IPO)で66億ドルを調達しようとしています。

DealStreet Asiaによると、新興企業は3億株もの株式を発行する予定で、1株あたりRp 298-300で、発行済み資本の20.29%を占めます。

「私たちは中央銀行からライセンスを確保したフィンテックの決済ゲートウェイ新興企業です。カシレズのCEOであるテディ・セティアワン氏は、公式声明で火曜日(17/3)に語った。

Setiawan氏は、IPO収益の一部はITソリューションプロバイダーPT Softorb Technology Indonesia(STI)の51%の株式の取得に使用され、残りは運転資本として使用されると述べた。 PT Sinarmas Sekuritasがコーポレートアクションの引受人として行動します。

Cashlezは、2020年4月7日、金融サービス機構(OJK)による承認を待っており、IPOは翌日開始されます。スタートアップの株は4月20日からインドネシア証券取引所(IDX)に上場される。(MS / PW)