【ジャカルタ】4国営企業の株価は平均6%以上激減した。それは市況を低迷させた外国投資家の販売行動が主に引き起こされた。

ジャカルタ総合指数(JCI)は2020年3月19日(木)の取引の終わりに5.01%低下した。それは低下し続けた為、その取引は一時的に停止された。

PT Waskita Karya (Persero) Tbkの株価は一株当たりRp 520から一株当たりRp 484、6.81%低下した。株価を低下した他の国営企業、PT Wijaya Karya (Persero) Tbkの株価は一株当たりRp 484、6.81%低下した。そして、PT Adhi Karya (Persero) Tbkの株価はは一株当たりRp 444、6.72%減少した。最後に、PT PP (Persero Tbkの株価はは一株当たりRp 565、 6.3%減少した。 (NR/AM/AR)