【ジャカルタ】工業省はCOVID-19に対する為、社会の供給入手可能を確保する為、飲食料品の生産や流通が普通に行なわれるよう、支援を提供する。

工業省、Agus Gumiwang氏が国内の飲食料品の生産や流通を維持し続けると事務所で語った。「これは食料供給がちゃんと維持されることが出来るように。例として、牛乳は免疫性を増やす役に立てる為、その需要はかなり高いです。」と2020年4月1日(水)、Setkab.go.idから引用されたように、Agus氏は述べた。

Agus氏が飲食料業界の事業は今年、国家経済成長に大きく貢献すると楽観的である。「我々は中小企業セクターとして分類される飲食料品製造会社の発展も優先し続けます。」とAgus氏は述べた。

2019年、飲食料品製造業は7.78%伸び、5.02%の国家経済成長よりも、高かった。 (NR/LK/AR)