【ジャカルタ】家具加工貿易業に従事するPT Cahaya Bintang Medanは2020年4月14日、インドネシア証券取引所に一株当たりRp 160の売出価格で株式公開を行う。

その総発行・全払込資本の20%に等しく、37500万新株をリリースする計画である。それによって、Rp 60 billionの資金を得る可能性がある。

Kontanが報告されたように、当社は機械を購入する為、株式公開の資金の52%を使途する計画である。一方、その残り48%は主に、原材料を購入する運転資本の為、使途される。

情報上、当社はその株式公開の引受人としてPT Indo Capital Sekuritas及びPT Semesta Indovest Sekuritasを任命した。その株式公開の期間は2020年4月3日〜6日、予定される。 (NR/LM)