【東京】ソフトバンクグループのベンチャーキャピタル企業、Vision Fundは15年間以内に初損失をもたらすテクポートフォリオの業績が減少した後、US$16.71 billionの損失を記録すると予測される。

2020年4月13日(月)にリリースされた公式声明において、ソフトバンクがVision Fundの成績不振はコロナウィルス(COVID-19)の世界的流行や「市場環境の悪化」が引き起こされ、3連四半期の損失後、前年比、US$12.5 billionの営業損失を被ると予測されると述べた。

ロイター通信が報告されたように、日本の複合企業の金融は2019年、株式公開の計画がキャンセルされ、値積もりを暴落させたコワーキングスペースプロバイダーであるWeWorkを含み、テク新興企業のポートフォリオの業績が低下した後、圧力をかけられる。

しかし、2ヶ月前、ソフトバンクの最高経営責任者(CEO)、正義孫氏がWeWorkはCOVID-19の世界的流行がエスカレートし始める悲惨な予測にもかかわらず、回復中であったと語った。

その発表前、ソフトバンクの株価は3.4%低く終えた。年中、その株価は11.7%低下した。 (NR/MS)