パリ発-フランス政府は、フランスのフラッグキャリアであるエールフランスの救済に参加するよう銀行に呼びかけることを検討していると、経済財務相のブルーノ・ル・メールは述べた。

政府は、エールフランスを含むコロナウイルス(COVID-19)危機に苦しんでいる主要なフランス企業を資本増強するか、必要に応じて国有化するために200億ユーロの予算を立てました。

「エールフランスは70億ユーロが必要だとおっしゃっていますが、その努力が州と銀行の間で共有されていることは想像に難くありません。州がエールフランスに単独で資本を提供しなければならないということは何もありません」とルメア氏は金曜日(17/4)のBFMTVとのインタビューで述べました。

La Tribuneによると、エールフランスの親会社であるエールフランス-KLM SAは現在、最大100億ユーロの国家支援融資を求めており、エールフランスには約80億ユーロが割り当てられています。航空会社グループは、オランダのフラッグキャリアKLMも所有しています。

ロイターが報告したように、200億ユーロの救済基金は、1,100億ユーロの経済的救済パッケージの一部であり、これには、税金と給与の延期、および国の助成を受けたファーラフへの資金提供が含まれます。

また、リストラを条件として銀行融資を受けることができない企業に政府が直接融資できる10億ユーロも含まれています。 (MS / PW)