ジャカルタ。インドネシア政府は、PT Perusahaan Listrik Negara(Persero)およびPower Plant Developers(BUPL)のガスの販売価格を1mmbtuあたり6米ドルに引き下げました。

エネルギー鉱物資源省(ESDM)の通信局長であるアグン・プリバディ氏は、この決定はエネルギー鉱物資源大臣規則の改正に関する2020年のエネルギー鉱物資源大臣規則第10号に従ったと述べた。 2017年第45号。この変更は、発電事業に関連する企業または関係者のガスの販売価格に影響を及ぼします。

「[BUPL]には、PT PLN(Persero)と電力購入契約または運用協力契約(KSO)を締結している発電所開発者(PPL)および事業領域の所有者が含まれます」とPribadiは公式声明で述べています。

Pribadiは、石油およびガス下流規制庁(BPH Migas)が、パイプラインを介したガス輸送速度を調整および調整すると付け加えました。

一方、国営企業(SOE)は、価格調整後、インセンティブを取得します。 「インセンティブは比例して与えることができます」とプリバディは説明しました。 (KR / AR / PW)