【ジャカルタ】PT United Tractors Tbk (UNTR)は運転資本として使途されるその子会社、PT Danusa Tambang NusantaraからのRp 400 billionのリボルビングローンファシリティーを得た。

「当社が他の当事者よりDTNの方からこのローンを得る場合、当社にとってより利益性になるでしょう。」とUNTRの会社秘書役、Sara K. Loebis氏は情報開示に述べた。

そのローンファシリティー期間は2020年4月29日以降、1年間である。UNTR及びDTNはJIBOR +1%の金利に合意した。

情報上、UNTRはDTNの60%株を所有している一方で、その残り40%株はUNTRの子会社であるPT Pamapersada Nusantaraが所有されている。

さらに、そのローンは関連取引である。なぜなら、UNTR及びDTNの経営会員の類似点がある。UNTRの取締役社長、Frans Kesuma氏もDTNの監査役会長として仕える。

しかし、そのローンは資材取引ではない。なぜなら、その価値は当社の総持分の半分に達成しなかった。「その取引額は特定された閾値に満たしません。」とLoebis氏は説明した。 (NR/KR/AR)