【ジャカルタ】公共事業・公営住宅省はコロナウィルス(COVID-19)世界的流行の間に衛生を向上する役に立つ為、Rp.445 millionの「Kereta MCK」という移動式トイレを開発した。

公共事業・公営住宅大臣、Basuki Hadimuljono氏が「Kereta MCK」開発は2019年、始めたと語った。

「COVID-19の世界的流行後、特に、健康や清潔文化に関連して、国民の体制や起居に変わる事が多くあります。」と公式声明を通し、Hadimuljono氏は述べた。

同じ機会に、Hadimuljono氏が「Kereta MCK」は7000リットル水を保持出来、一日当たり350名を仕えることが出来ると推定されると説明した。

しかし、公共事業・公営住宅省はその「Kereta MCK」の量産を発表していない。 (NR/KR/AR)