【ジャカルタ】インドネシア発行者協会(AEI)の少なくとも50会員はCOVID-19の世界的流行の為、困難なキャッシュフローを経験した。それらの発行者は倒産を回避する為、様々な救難努力をした。

「50以上のAEI会員は彼等のキャッシュフローが強力ではなく、極端な事は彼らは銀行と交渉し、従業員を解雇しなければならないと述べました。」と2020年5月11日(月)、CNBC Indonesiaから引用されたように、インドネシア発行者協会(AEI)副会長、Bobby Gafur Umar氏は述べた。

「十分な強力なキャッシュフローを持っていなかった時点で、解雇波が発生し、これは経済だけではなく、社会的にも影響を与えます。これがリスク要因を増加させました。」とBobby氏は付け加えた。

Bobby氏が不確実な経済状況はリスク要因を増やし、よって、外国投資家は急落することにしたと語った。資本流出は今年頭以降、Rp. 21 trillionを記録された。

Bobby氏がそのためにも、政府は銀行がその世界的流行の影響を直接に受けられた事業セクターへの緩和を提供出来るよう、銀行への十分な流動性を提供することにより助けなければならないと述べた。 (NR/AM/AR)