【ジャカルタ】PT Bank Syariah MandiriはモバイルアプリMSM(Mandiri Syariah Mobile)にデジタルザカート支払いフィーチャを用意している。それはコロナウィルス(COVID-19)世界的流行の間に家を出ず、顧客がザカートやその他の施物を支払う為、使用される。

「『MSM』は外であるウィルスに関して気にする必要せず、ザカートを支払う公共を容易にします。資金はより早く必要とする者達が使途されることが出来るよう、我々はこの義務をより早く満たすことが出来ます。」と2020年5月16日(土)、Mandiri Syariahのシャリーアデジタル銀行業販売連携グループ所長、Riko Wardhana氏は公式声明に述べた。

Mandiri Syariahの貯蓄口座によって、顧客はMSMアプリを通し、幾つかの銀行業取引オンラインを行うことが出来る。さらに、そのアプリは顧客がオンラインで口座を開く可能にする。

2020年4月まで、MSMアプリは110万以上の利用者を超えた。Wardhana氏によると、そのアプリの成長はデジタル変化に対する当社の専念を見せる。 (NR/MS)