【ジャカルタ】海事水産省は政府が形容された違法漁業を根絶するチーム、タスクフォース155を強化している。それは海事水産大臣、Edhy Prabowo氏が2020年5月21日(木)、有限整合会合後、プレスリリースに述べられた。

Edhy大臣がタスクフォース155はインドネシア海洋における魚窃盗犯を戦闘する事においてより楽観的となるよう、要求した。その上、ジョコ・ウィドド大統領はそのチーム役割を強化されるよう、要求した。「大統領がタスクフォース155を強化され、国際網を関わるインドネシアにおける違法漁業を戦闘する事において重要な部分となる指示を出します。」とEdhy氏は述べた。

それにつれて、そのチームは他機関と一緒に協調するよう、要求された。そのチームは海事水産省、海軍、Bakamla、法務長官府、外務省、調整海事投資省、大統領室役員、海運専門家を含む幾つかの部隊から成り立つ。 (NR/LK/AR)