WSBP - PT. Waskita Beton Precast Tbk

Rp 156

-1 (-0,64%)

【ジャカルタ】PT Waskita Beton Precast Tbk (WSBP)はRp 2.20 trillionの収入、Rp 291.17 billionの純利益をを記録された2019年第1四半期に比べ、2020年第1四半期、収入や純利益が75%低下すると推定する。

それは2020年5月28日(木)、公開されたWaskita Betonの情報開示において、 その会社秘書役、Siti Fathia Maisa Syafurah氏が述べられた。「交代勤務によって、特に、ジャカルタや中部ジャワ、東ジャワと言う赤地帯における当社の生産工場営業やプロジェクトの規制があります。」とSyafurah氏は述べた。

現在、年毎に370万トンの総容量を持っているプレキャスト生産工場を営業している。過去5年間以内にその幾つかの顧客は2015年から30名、2019年まで、87名に増加した。

Syafurah氏によると、その営業制限は2020年6月、その世界的流行が終えない場合、延長されるそうである。その場合、Syafurah氏が当社の今年の収入はRp 7.46 trillionの前年に比べ、75%低下すると語った。

又、その状況はRp 949.49 billionの流動ローンを返済する当社の能力に影響を与えるだろう。しかし、 当社は現在、1,343名の正社員と派遣社員を含む従業員を削減する計画はない。 (NR/LK/MS)