【ジャカルタ】Gojekはジャカルタ及びスマランにおける広がるコロナウィルス(COVID-19)を防止する為、「Gocar」運転手連携者の車に1,000以上の防護衝立を付けた。

Gojekの輸送マーケティングの上級副社長、Monita Moerdani氏がその防護衝立の装置はインドネシアの「新ノーマル」を見込む当社の努力であると語った。「よって、我々は国民にとってこの世界的流行の中に新ノーマルの間に頼られることが出来ます。」と公式声明を通し、Moerdani氏は説明した。

以前、体温検査や運転手連携者の車輌の消毒の為、130ポイントを提供した。そのポイントは16大都会に広がる。

一方、輸送省の道路運送担当重役、Ahmad Yani氏が他の交通機関の提供業者もGojekのように、営業基準を向上しなければならないと語った。

「私は全提供業者は現在、我々が直面する状況を当て嵌め始めるべきだと思ってります。」と同じ機会にYani氏は述べた。 (NR/KR/AR)