【ジャカルタ】PT Kapuas Prima Coal Tbk (ZINC)は2019年、Rp 178.8 billion、前年比、62.3%伸びた純利益を記録した。さらに、その売上高はRp 885.1 billion、前年比、17.36%伸びた。

ZINCの最高経営責任者(CEO)、Harjanto Widjaja氏によると、その積極的な業績は450,000トンの初目標に比べ、476,000トン、39.4%伸びた前年の卑金属品の生産が支援されたそうである。今年、当社は600,000トンを生産する事を目指す。

「我々はUS$50 million〜US$80 millionの亜鉛と鉛精鉱の売上高も目指しておりますが、インドネシアや世界的の不確実な経済を引き起こした多くの要因を考慮して、今年6月後、当社の目標に与えられた影響を監視していきます。」と2020年6月1日(月)、IDNFinancials.comが受取った公式声明にWidjaja氏は述べた。

コロナウィルス(COVID-19)世界的流行の間にWidjaja氏がZINCは鉛と亜鉛製錬工の発展を含む幾つかの進行中のプロジェクトを持っていると付け加えた。その鉛製錬工は現在、コミッショニング段階に入る頃である。

「ZINCの鉛製錬工は年毎に20,000トン金塊容量を持っております。その営業運転において、その製錬工はインドネシアの初種類となるでしょう。」とWidjaja氏は述べた。 (NR/MS)