【ジャカルタ】PT Avrist Assurance (Avrist Assurance)は2019年、Rp 3.2 trillionの保険料所得を記録した。それはRp 1.6 trillionの2018年に比べ、100%伸びた。

さらに、その税引き後利益はRp 120 billionを、その包括利益はRp 394 billionを記録された。

PT Avrist Assuranceの取締役社長、Anna Leonita氏は「この実績は2019年中、当社の顧客や事業連携者にとって、最高のサービスを提供する事において、PT Avrist Assuranceの専念や全従業員の激務の具体的な結果です。私は人的資源が2021年のトップ15生命保険企業及び2023年のトップ10生命保険企業に徐々に進むAvrist Assuranceのビジョンを実現するキー役割があると考えます。」と説明した。

2019年中、従来保健商品は総保険料所得の90%を大幅に貢献した。一方、ユニットリンクは総保険料所得の10%を貢献した。それは従来保護商品を作る事により注力するAvristの戦略通りである。 (NR/LM)