BBKP - PT. Bank KB Bukopin Tbk

Rp 488

-2 (-0,41%)

【ジャカルタ】インドネシア格付機関(Pefindo)はPT Bank Bukopin Tbk (BBKP)の財務や事業プロフィールを考慮した後、「進歩中」クレジットウォッチ格付を持っているPT Bank Bukopin Tbk (BBKP)に与えられた「idA-」格付を肯定した。

Pefindoのアナリスト、Kreshna D Armand氏及びDanan Dito氏が今年下期、BBKBの支配株主にPT Boswa CorporindoからKB Kookmin Bankに変更する可能性があると語った。Pefindoによると、その支配株主の変更は「親会社の支援の価額に好影響を与えられるでしょう」。

Pefindoが2020年3月末まで、特記信用比率は18.2%伸び、不良債権比率は5.4%伸びた後、BBKPの流動性は厳しくなると考慮する。BBKPは資産内容を管理する為、資金脱退施策を厳しくする為、債権証券化など幾つかの努力をしたと語った。

「しかし、我々はこれらの努力が近い期間や中期間以内にその圧力を完全に乗り切ることが出来ないと分かります。」とArmand氏及びito氏は説明した。

PefindoがBBKPの格付はその株主割当発行後、改正されることが出来る。なぜなら、その株主割当発行において、KB Kookmin Bankは支配株主に生る可能性があり、BBKPの為どれだけ支援するかを表現すると付け加えた。 (NR/KR/AR)