PBRX - PT. Pan Brothers Tbk

Rp 246

-4 (-1,60%)

【ジャカルタ】法務長官府はPT Asuransi Jiwasraya (Persero)の汚職事件において6名の被告人から殆どの資金を受取る3投資管理会社があったと語った。

その3投資管理会社はPT Pool Advista Aset Manajemen (PAAM)、PT Pan Arcadia Capital及びPT Pinnacle Persada Investasmaである。その3会社は先週の週末、法務長官府が容疑者として扱われた。

PT Pool Advista Indonesia Tbk (POOL)の子会社、PAAMはRp 2.14 trillionを受取った。その資金はPool Advista Kapital Optimalの投資信託制度にRp 1.4 trillionを、Pool Advista Kapital SyariahにRp 749 billionを管理される。

そして、Rp 2.03 trillionを受取ったPan Arcadia Capitalである。PT Prima Cakrawala Abadi Tbk (PCAR)の取締役、Tommy Iskandar Widjaja氏及びPT Pan Brothers Tbk. (PBRX)の幹事、Anne Patricia Sutanto氏が所有されるその会社はその資金をDana Bertumbuhの投資信託にRp 1.56 trillionを、Dana Saham SyariahにRp 472 billionを管理される。

一方、Pinnacle Persada InvestamaはRp 1.82 trillionを受取った。その資金はPinnacle Dana Primaの投資信託に管理される。

合計的に、その3会社が受取った総資金額はRp 5.98 trillionに及んだ。 (NR/KR/AR)