【ジャカルタ】インドネシアの製造業は2020年6月、改善を見せ始める。それはIHS Markitがリリースされたインドネシアの製造業購買担当者指数に示される。2020年6月、インドネシアの製造業購買担当者指数は39.1を記録され、28.6の2020年5月に比べ、10ポイント伸びた。

「我々が国家製造業の業績は普通に運営するとき、再び、上昇し、それは経済成長をより早く復出来ると楽観的です。」と2020年7月2日(木)、工業大臣、Agus Gumiwang Kartasasmita氏は述べた。

工業大臣が国内工業セクターの意気込みを始める一つの理由は財政刺激規定など幾つかの経済活動重視の政府政策の為であったと説明した。その上、それは国内消費を奨励する役に立つ新ノーマル規制が支援される。

「新ノーマル時代に、国民の支出起居動作の変更は中小企業セクターを含み、加速するデジタル事業変形の影響でもあります。」とAgus氏は述べた。Bank Indonesiaのデータによると、2020年3月、9830万の取引、18.1%伸びたオンライン売買取引に発生し、その総取引額はRp 20.7 trillion、9.9%伸びた。 (NR/LM)